MENU

おでこと生え際の境目の見極め方

おでこ 生え際 境目

おでこと後退した生え際の境目は、一見するとわかりません。しかし、まじまじと見れば産毛が生えていたり、青くなっている部分が以前まで生え際のあった場所であると確認することができます。また、表情筋の動きで見分ける方法もあります。

 

表情筋での見分け方

顔の筋肉を動かした際に動かすことができる範囲がおでこで、動かすことができない部分から後ろが生え際と言われています。

 

目を大きく見開き、眉毛を上に動かすように意識をすると、おでこに皺が寄ります。その皺の最上部から生え際までの間隔が広いほど、生え際が後退しているとされています。

 

生え際は、AGA(男性型脱毛症)などによって後退していきます。とはいっても、進行具合には年齢に応じた違いがあり、30〜40代にかけての人はシワの最上部と生え際に指一本ぐらいの間隔があることが一般的です。

 

一般的なおでこ(額)の広さは?

おでこ 生え際 境目 広さ

おでこの広さは人それぞれ。広いからといってAGAにより薄毛になっているとは言いきれません。おでこの平均的な大きさの人であれば眉毛から5〜6cmぐらいの幅であるとされていますが、AGAにより薄毛になっていない人でも眉毛から7cmぐらいの幅がある人もいます。

 

逆に言うと、もともとおでこが狭くてAGAにより薄毛の症状が始まっている人でも、もともと眉毛から4cmぐらいの幅だったところが6cmぐらいの幅に後退しているということも充分に考えられます。

 

つまり眉毛からの幅が何cmであっても、AGAによる薄毛が進行しているかは、人によって違いがあります。一律に判断ができない分、自分は大丈夫という油断をしないことが大切です。おでこが広くなってきたと思ったら、手遅れになる前の対策をしておきましょう。

 

生え際後退の見極め方

おでこ 生え際 境目 後退

生え際の後退を見極めるためには、位置が変わらない表情筋を基準とした、おでこの皺の最上部からの間隔で判断します。後退したことが分かる前の、

 

・髪の毛が細くなってきた

 

・セットがしにくくなってきた

 

・洗髪時の抜け毛が多い

 

 

などちょっとした薄毛の兆候を感じた時点で、AGAクリニックでカウンセリングを受けても良いぐらいです。

 

後退してから行動に移すのでは、改善に大きな時間がかかります。自分が不安に感じた時点で、生活習慣の見直しや育毛剤の使用、ヘアチェックといった対策を講じておくことが前髪を残すためのポイントとなります。

 

▼前からの薄毛を食い止めろ!▼

前髪薄い対策ランキング

 

>> 【前髪薄い対策】  TOP